「かもめカード」運用について加盟団体あての通知
「かながわ健康プラン21」推進
「かもめカード」制度の運用について
特定非営利活動法人神奈川県歩け歩け協会   平成16年6月

 日頃、神奈川県内の歩け歩け運動の推進にご活躍され感謝しております。
 さて、5月24日に開催しました県協会平成16年度第1回理事会で「かもめカード」の運用につきまして論議し決定しましたが、再度確認のため以下のように取り扱いと思いますのでご協力よろしくお願いします。

1.「かもめカード」には配布された各団体の印を押して下さい。
「かもめカード」に参加の証明を押印は、県協会が作成した印とします。
必ず各団体に配布された印を使用して下さい。それ以外は無効とします。

2.「かもめカード」の距離の欄は主催者の役員が記入して下さい。
「かもめカード」では参加回数と累計距離を認定し公表していくことがシステムの根幹となります。そのために、距離については正確を期すために面倒でも歩け主催者の方で記入するようにして下さい。

3.参加日、参加コース名、距離の累計については各参加者自らが記入して記録するように指導して下さい。 「かもめカード」には参加日、参加コース名、当日の距離、各ページと最終の累計距離、カード枚数の記入欄があります。これらの欄については必ず参加者自らが記入して提出するよう指導して下さい。これらの欄に未記入や間違いがあった場合は認定の手続きをしない旨強く指導お願いします。

4.「かもめカード」が押印で一杯になったら、そのカードの記載に間違いがないか確認して提出用のカードに最終確認の押印をお願いします。
「かもめカード」は参加の記録をする部分と認定提出用の部分が切り離すことが出来るようになっています。それぞれの細かい記録は本人が保管できるようにするためです。また、認定を受ける費用を少なくするために、ハガキとして郵送するか県協会主催の歩け参加の際に役員に提出できるようにしてあります。これらのカードを集計し1ケ月単位で成果を個人の名前で発表していく予定です。そのために、カード提出の最終確認を最後に参加した歩けにおいて押印し証明する方法をとっています。ご協力お願いします。

5.「かもめカード」の集計は県協会ホームページに掲載する他、チラシで各団体と行政等関係機関にお知らせします。また、県協会主催の歩け企画においても参加者に配布する予定です。
「かもめカード」の記録は、1ケ月単位でまとめ公表していく予定でいます。各参加者の記録は個々にお知らせすることはせず、まとめて発表するようにしていきたいと考えています。

6.「かもめカード」の販売と認定・公表は県協会が担当します。
「かもめカード」のシステムは1枚100円のカード販売によって賄う予定でいます。そのため、このカードの販売は県協会で一括して行います。カードが欲しい場合は1枚100円にて購入お願いします。このシステムは、出来るだけ早い時期に行政関係の歩け企画や協賛団体・企業の歩け企画においても各歩け独自の印が押せるように広めていきたいと考えています。
従って、このシステムの運営と維持については県協会が責任をもって当たりたいと考えていますのでご協力お願いします。

7.「かもめカード」システムの運用により、神奈川県が日本一の歩けの県であることを内外に証明しその栄冠を獲得していきたいと考えています。このシステムの運用について積極的なご支援とご協力をお願いします。
 「かもめカード」がしっかりと定着していけば、県民の個々の歩けが単に個人の健康管理や趣味のレベルを越えて、神奈川県を日本一の歩けの県にし「かながわ健康プラン21」を歩け歩け運動で推進していく社会的に意義野ある活動へと発展させていくことが出来ます。そのためにも県協会ではこの運動を推進し社会的にも認知されるように様々な工夫と演出を行っていきたいと考えています。そして、このシステムを神奈川県全域と行政や関係団体に広げ、その運動の軸に県協会が責任をもって担当していくことで、一気に神奈川県全体の歩け歩け運動の拡大と定着をめざしたいと思います。
 このシステムの運用に対してご意見や改善点等のご指摘がありましたら、ぜひお知らせ下さい。よろしくお願いします。

「かもめカード」のシステムについて
 特定非営利活動法人神奈川県歩け歩け協会では、「かながわ健康プラン21」を歩け歩け運動で地域の中から推進していくために、歩けの参加回数と距離を認定・公表する「かもめカード」を発行し、全国一の歩けと健康県をめざして積極的に活動展開していくことになりました。
 この「かもめカード」を健康づくりの共通のシステムとして活用していきませんか。
1.目 的 
 「かもめカード」は神奈川県民の健康寿命を延ばそうとする「かながわ健康プラン21」を歩け歩け運動で地域の中から推進していくために、歩け参加回数と累計距離を認定し公表することによってその努力を讃え、県民の自主的な健康づくりを奨励することを目的とします。
2.歩け参加回数・距離の認定
 この「かもめカード」の対象の歩けは、特定非営利活動法人神奈川県歩け歩け協会主催及び共催、大会の歩け企画そして県協会加盟団体の例会等とします。各歩け企画に参加した際に、それぞれの独自のスタンプを押印してもらい、その回数により参加と距離を証明し認定していきます。参加月日、コース名、距離は自分で間違いのないように必ず記入してください。
3.認定の申請と公表
 「かもめカード」が一杯になりましたら、最後に参加した歩けにおいて必ず認定申請証明印を押印してもらい、必要事項の全てを必ず記入して、カードの切り取り線に従って申請書部分を切り取り、県協会主催の歩け企画において県協会役員に提出するか県協会あて郵送(この場合は切手をはって下さい)してください。
 申請された方の記録は県協会のホームページに掲載する他、会報等によって公表し認定していきます。また、この記録は「かながわ健康プラン21」を県内の地域の中から推進していく貴重な記録として関係行政や機関等にもお知らせするようにし、神奈川県が日本一の歩けと健康の県であることを証明していくデーターとして活用していく予定です。
 現在の計画ではこれらの記録は1ケ月単位で集計していく予定です。
4.「かもめカード」の購入
 「かもめカード」は45回で一杯になります。熱心に参加されれば約2ケ月半程度で一杯になると思われます。新しい「かもめカード」は県協会または加盟団体等から歩け参加時に購入して下さい。1枚100円です。
 「かもめカード」のシステムはカード購入のお金で運営されています。
ご協力よろしくお願いします。
5.「かもめカード」の活用
 この「かもめカード」のシステムを各団体や健康保険組合等において活用されることをお勧めします。神奈川県歩け歩け協会は月40回以上の歩け企画を県内各地で開催しています。
 これらの歩けは会報「かながわ歩け」で広範に県民に知らされており、各団体や健康保険組合の会員が気楽に自分のペースで歩けに参加できるようになっています。そして、「かもめカード」によってその記録が各個人毎に具体的に示されます
 会員等の健康づくりに歩け歩け運動への参加を奨励し、この「かもめカード」による記録をもとに独自に景品等をだすシステムを確立されることを提案します。
 「かもめカード」システムを県民の共通の健康づくりシステムに活用していこうではありませんか。あなたもこの運動に参加しませか。
新しい歩け仲間・団体の参加を歓迎します。


前のページに戻る